物を傷つけない作業服

作業服を選ぶ際にはどういったポイントに注意したら良いのでしょうか。作業ズボンは何よりもストレッチ性が重要です。現場作業では座ったりしゃがんだりさまざまな体勢になりますので、そこで動きにくくなっては作業効率が低下してしまいます。そのため、ストレッチ素材を使用した作業ズボンがありますので、どのような体勢でもスムーズなのです。

現場作業そして、ウエストやヒップに余裕のある作業ズボンの方が動きやすいでしょう。しかし、いくら余裕のある作業ズボンだったとしても、ダボダボのシルエットではルーズなイメージを与えてしまいます。そのため、そういった場合はツータックズボンをおすすめします。ツータックとは折りたたんだ加工になっているため、タイトなシルエットでありながらヒップやウエストに余裕を持たせることが出来るのです。

そのほかに大切なことは通気性でしょう。特に夏場の現場作業は汗をかいてしまうので、これによってズボンの中がムレてしまうのです。しかし、メッシュ素材など通気性の高い生地を使用することでムレを防ぐことが出来ます。

そして、作業ズボンでは必ずベルトを巻くものですが、そのバックルによって物に傷をつけてしまうことがあります。その対策としてバックルガードと呼ばれる機能があり、作業ズボン選びでは欠かせないポイントです。こちらではバックルガードなど、作業ズボンの機能について解説いたします。これを参考にして選んでください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket