収納も選ぶポイント

作業ズボン選びではバックルガードなどの重要なポイントがあり、安全に現場作業を行うにはこういった加工が必要なものです。そのほかに大切なポイントは収納でしょう。現場作業では小さい工具やメモ、ペン、スマートフォンが欠かせませんが、そういった小物は忘れたり落としたりすることもあるのです。こうなってしまうと作業の手が止まってしまうので、大きなタイムロスになってしまいます。そのため、少しでも作業効率をアップさせたいのであればポケットの多い作業ズボンを選びましょう。

カーゴパンツ現在はカーゴパンツの作業ズボンも多く、太ももにポケットが用意されています。小物を収納出来るようになりますので、両手を空けた状態で移動することが出来るのです。そして、マジックテープのフラップが取り付けられているため、体勢を動かしても小物が落下する心配がありません。

そして、マチの付けられたポケットもありますので、多少大きいサイズの工具だったとしても収納が可能です。そのほかに帯電防止素材などを使用した作業ズボンも多く、さまざまな場面で活用出来るでしょう。そして、サイズも幅広く用意されているので、男性だけでなく女性の現場作業員にもピッタリなのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

作業ズボンの細かい加工

現場作業では動きやすさが求められますので、作業ズボン選びではそういったポイントに注意する必要があります。ツータック加工は代表的なもので、これによってヒップやウエストに余裕を持たせることが出来ます。そして、より動きやすさを求めるのであればシャーリング加工の作業ズボンがおすすめです。

カラビナシャーリングとは作業ズボンのウエスト部分にゴムを配置して、細かいギャザーによって伸縮性を出しています。これによってウエストに余裕が生まれますので、よりスムーズに動くことが出来るのです。ゴムの露出もありませんので見た目の問題もありません。そして、作業ズボンのフィット感もアップするのでより快適でしょう。作業ズボンに動きやすさを求めるのであればシャーリング加工をおすすめします。さらに、ストレッチ素材を使用しているとよりスムーズに動くことが出来ます。

そして、現場作業ではカラビナを使用することがあります。このカラビナを付ける場所によって作業効率は大きく変化しますが、作業ズボンによってはカラビナ専用のループが付けられていることもあるのです。こういったカラビナループは丈夫に縫い付けてありますが、過信しないように注意しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

バックルガードとは何か

現場作業では物を持ち上げることが多いですが、そこで大きな物や傷つきやすい物を持ち上げることもあります。そこでベルトのバックルが当たってしまい、物に傷つけることがあるのです。物によっては高額になってしまい、取り返しのつかないこともあるでしょう。しかし、重い物を持ち上げる際は身体全体を密着させる必要がありますので、バックルに注意しながら持ち上げる必要があるのです。しかし、それでは作業効率が低下してしまうので、何かしらの対策をしなければなりません。

ズボンそこでおすすめの対策はバックルガード付きの作業ズボンです。バックルガードとは布などでバックルを巻きつけるもので、これによってバックル傷を付けずに済みます。現場作業によってはジャケットを着用して作業をすることもあり、そういった場合であればジャケットによってバックルを守ることが出来ますが、夏場の現場作業でしたらジャケットを脱いで作業をするものです。そのため、ジャケットを着ている感覚で作業をしてしまうと思わぬバックル傷をつけることがありますので、バックルガード付きの作業ズボンであれば安心でしょう。また、バックルガードはベルトプロテクターと呼ばれることもあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

物を傷つけない作業服

作業服を選ぶ際にはどういったポイントに注意したら良いのでしょうか。作業ズボンは何よりもストレッチ性が重要です。現場作業では座ったりしゃがんだりさまざまな体勢になりますので、そこで動きにくくなっては作業効率が低下してしまいます。そのため、ストレッチ素材を使用した作業ズボンがありますので、どのような体勢でもスムーズなのです。

現場作業そして、ウエストやヒップに余裕のある作業ズボンの方が動きやすいでしょう。しかし、いくら余裕のある作業ズボンだったとしても、ダボダボのシルエットではルーズなイメージを与えてしまいます。そのため、そういった場合はツータックズボンをおすすめします。ツータックとは折りたたんだ加工になっているため、タイトなシルエットでありながらヒップやウエストに余裕を持たせることが出来るのです。

そのほかに大切なことは通気性でしょう。特に夏場の現場作業は汗をかいてしまうので、これによってズボンの中がムレてしまうのです。しかし、メッシュ素材など通気性の高い生地を使用することでムレを防ぐことが出来ます。

そして、作業ズボンでは必ずベルトを巻くものですが、そのバックルによって物に傷をつけてしまうことがあります。その対策としてバックルガードと呼ばれる機能があり、作業ズボン選びでは欠かせないポイントです。こちらではバックルガードなど、作業ズボンの機能について解説いたします。これを参考にして選んでください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket